ペトルス・ロンバルドゥスの著書・著作&参考書 書籍一覧&参考書 書籍一覧

ピエール・アベラール

[ただいま作成中です]

記載漏れや・追記すべきこと・追加記載情報・こんな情報があれば便利だなと思うことなどの提案やアイディアなどございましたら、下記メッセージチャットまたはお問い合わせよりお知らせください。

『然りと否』

『哲学者、ユダヤ人、キリスト教徒の対話』

・ジョージ・スタイナー著、高田 康成『師弟のまじわり』岩波書店(2011)

・沓掛 良彦、横山 安由美『アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡 (岩波文庫)』岩波書店(2009)

・八木 雄二『天使はなぜ堕落するのか―中世哲学の興亡』春秋社(2009)

・白崎 容子『エロイーズとアベラール』(叢書ウニベルシタス)法政大学出版局(2004)

・アントワーヌ オドゥアール、長島 良三『エロイーズとアベラール―三つの愛の物語』角川書店(2003)

・上智大学中世思想研究所『前期スコラ学 (中世思想原典集成 第7巻)』平凡社(1996)

・エティエンヌ・ジルソン著、中村弓子『アベラールとエロイーズ』みすず書房(1987)

・柏木 英彦『アベラール―言語と思惟 』創文社(1985)

・ジャックル・ゴフ著、柏木 英彦、三上 朝造『中世の知識人―アベラールからエラスムスへ』(岩波新書)』岩波書店(1977)

・畠中 尚志『アベラールとエロイーズ―愛と修道の手紙 (岩波文庫 赤 119-1)』岩波書店(1939)

・晴子MICHALON『倫理学者アベラールの恋』Kindle版

こちらの関連ページもご覧ください

古書・古本を上手に高く売る方法とは?

古書・古本を上手に高く売る方法とは?
(学術書編)

査定結果を見て

「100冊売ってみたら400円だった!?」

なんて経験ございませんか?たくさん売ったのにどうして?どこに売れば高く買取ってもらえるんだろう?お客様の立場に立ってどのようなお店が向いて、どのようなお店が向いていないのか。この本ならどのようなお店を選ぶと高く買取ってもらえるかがわかる解説を行っております。

おすすめ学術書・哲学書 古本 古書 買取ページ

失敗しない学術書・哲学書 古本 古書 買取なら
哲学堂書店の買取サービスをおすすめします。

哲学堂書店の古本・古書 買取はISBNなしも、もちろん買取可。カバーが破れてしまった!付属の箱が壊れてしまった!などの破損などがある学術書・哲学書の古本・古書でも買取できる専門店ならではの強みがございます。リピート回数、買取実績からもわかるように失敗しない古本・古書売却をはじめてみませんか?

学術書・哲学書の古本 古書 買取事例 最新情報

哲学堂書店の学術書・哲学書の古本 古書
買取事例 最新情報ページはこちら

お客様の声から「だいたい3箱分くらい本があるんだけど、どれほどになりますか?」というお話をよくいただきます。データが残っている過去2008年からの古本・古書 買取事例をご紹介することで、哲学に関係ない本もたくさん来ておりますので、大まかな金額を買取事例から予想していただくことができると思います。状態が良ければ「カバーなし」や「箱なし」も買取対象となりますので、諦めずに一緒に買取依頼をして頂ければと思います。

メッセージチャット

著書・参考書の追加&修正・記載漏れ・誤字脱字・リンク切れなどの問題がございましたら右下「メッセージを送る」からお気軽にお知らせください。

皆様に役立つ、より良いサイトを作っていきたいと思っております。

ご理解とご協力をいただければ幸いです。

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます