タオ自然学

定価:¥ 5,400 税込

¥ 594 税込

amazonで検索:タオ自然学

関連カテゴリ

  1. 訳あり商品

著者: F・カプラ訳者:吉福 伸逸、田中 三彦、 島田 裕巳
出版社:工作舎
発行年:1997年第1刷

状態:C わけあり商品です。カバーシミヤケあり。小口にヤケあり。書き込みなし。

第一部 自然学のタオ
一 現代物理学は心ある道か
太初、自然があった/デカルトの二元論から
二 識ること観ること
繰り返される神秘体験と科学実験/ど忘れと冗談の直観世界/
神話と公案と俳句と
三 言語の彼岸
四 新時代の物理学
ニュートン力学の栄光と終焉/アインシュタインの E=mc2
「量子的」時代精神へ

第二部 東洋思想のタオ
五 変幻するブラフマン〈ヒンドゥー教〉
六 合一性と相互作用〈仏教〉
七 社会性と宗教性の一致〈中国思想〉
八 陰陽の運動原理〈タオイズム〉
九 日常のなかの悟り〈禅〉

第三部 共振するタオ
十 万物の合一性
対象と観測者の相互作用/観測者から関与者へ
十一 対立世界の超越
粒子と波動性/陰陽、そして相補性概念
十二 四次元時空
ふたごのパラドックス/湾曲空間とブラック・ホール/逆行する時間
十三 ダイナミズムの自然学
ビッグバン宇宙論と振動宇宙論/質量とエネルギーの等価性/
諸行無常のダイナミズム
十四 空と形象
生成する空/湯川秀樹のひらめき
十五 コズミック・ダンス
相互作用と粒子世界/エネルギーの滝/踊るシヴァ神
十六 幻の粒子、クォーク
クォークと対称性/新しい公案?
十七 変化のパターン
物から出来事へ/ハドロン・パターンとS行列/変易の六十四相
十八 無碍の世界
ウェブ宇宙とブーツストラップ/ライプニッツの「窓」/知る者は言わず

20120723002Z

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

『タオ自然学』 古本・古書 買取

『タオ自然学』古本・古書 買取 強化実施中です。ご不要になられました『タオ自然学』の買取はおまかせください。古本・古書買取事例lineで簡単査定のサービスもございますのでお気軽にお問い合わせください。古本・古書 買取は実績最多の哲学堂書店にお任せください。

学術書・哲学書の古書・古本 買取依頼ページはこちらから

2018/10/19日 新着情報

力学の誕生

オイラーと「力」概念の革新
有賀 暢迪 著
名古屋大学出版会

力学の誕生
amazonで見る⇒力学の誕生―オイラーと「力」概念の革新―

紀伊國屋書店で見る⇒力学の誕生―オイラーと「力」概念の革新―

自然哲学から自然科学へ、ニュートン以後の静かな革命。十八世紀のヨーロッパ大陸で、力学は生まれ直した。惑星の運動から球の衝突まで、汎用性をもつ新たな知が立ち上がる過程を丹念に追跡し、オイラーの果たした画期的役割を、ライプニッツやベルヌーイ、ダランベールやラグランジュらとの関係の中で浮彫りにする。(引用)

序 論 力の起源をたずねて

第1章 18世紀力学史の歴史叙述
1 解析化と体系化
2 活力論争と力の概念
3 「力学」の誕生

第Ⅰ部 活力論争と「運動物体の力」の盛衰

第2章 17世紀の自然哲学における「運動物体の力」
1 物体の中の「力」と衝突の問題 —— デカルト
2 「固有力」と「刻印力」—— ニュートン
3 「活力」と「死力」——ライプニッツ

第3章 活力論争の始まり
1 ドイツ語圏での支持拡大
2 オランダからの反応
3 フランスでの論戦の始まり

第4章 活力論争の解消
1 ダランベールの「動力学」構想
2 モーペルテュイの最小作用の原理
3 オイラーによる「慣性」と「力」の分離

小括 「運動物体の力」の否定とそれに替わるもの

第Ⅱ部 オイラーの「力学」構想

第5章 「動力学」の解析化
1 活力と死力、その異質性
2 活力と死力、その連続性
3 死力による活力の生成

第6章 活力論争における衝突理論の諸相と革新
1 衝突の法則と物質観
2 ス・グラーフェサンデによる「力」の計算
3 パリ科学アカデミー懸賞受賞論文
4 ベルヌーイによる衝突過程のモデル化
5 オイラーによる「運動方程式」の利用

第7章 オイラーにおける「力学」の確立
1 活力と死力の受容
2 「動力」、「静力学」、そして「力学」
3 ライプニッツ-ヴォルフ流の「力」理解に対する批判

小括 「力学」の誕生

第Ⅲ部 『解析力学』の起源

第8章 再定義される「動力学」と、その体系化
1 パリ科学アカデミーにおける「動力学」の出現
2 「力」の科学から運動の科学へ
3 ダランベールの「一般原理」と、そのほかの「一般原理」

第9章 作用・効果・労力 —— 最小原理による力学
1 弾性薄板と軌道曲線における「力」
2 「労力」の発見
3 最小労力の原理
4 2つの最小原理、2つの到達点

第10章 ラグランジュの力学構想の展開
1 「動力学」のさらなる体系化
2 「普遍の鍵」としての最小原理
3 「一般公式」の由来と『解析力学』の力概念

小括 静力学と動力学の統一、あるいは衝突の問題の後退

結 論 自然哲学から「力学」へ

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます