黒魔術の手帖

定価:¥ 1,944 税込

¥ 2,376 税込

哲学書 買取情報を今すぐ確認
学術書 買取情報を今すぐ確認
洋書 買取情報を今すぐ確認

関連カテゴリ

  1. その他
在庫数 残り  1 点

数量

※クレジットカード決済 OK

※コンビニ決済 OK

黒魔術の手帖
澁澤 龍彦
桃源社

ヤコブスの豚
カバラ的宇宙
薔薇十字の象徴
夜行妖鬼 篇
古代カルタの謎
サバト幻景
黒ミサ玄義
自然魔法もろもろ
星位と予言
ホムンクルス誕生
蝋人形の呪い
ジル・ド・レエ侯の肖像
聖女と青髯男爵
水銀伝説の城
地獄譜
幼児殺戮者

ジョン・デイとケリイの口寄せ
アグリッパの魔法サークル
悪魔の種類・魔法書「赤竜」より
カバラの寓意画・R・フラッドの書より
十二宮図
惑星と十二宮のサイン
処女宮。性のない人間
獅子宮。両性具有者
巨蟹宮。二人の両性具有者
双子宮。男と女
金牛宮。性の統一
白羊宮。性の精神化
薔横十字団の寓意画
パラケルススの「予測の書」より
薔薇十字団の紋章
ルーテルの印章
ヨハン・ヴァイエルの肖像
ラルヴァと闘うパラケルスス
淫夢女精と男性夢魔
錬金術の寓意画。ミハエル・マイエルの書より
タロック・カード。Ⅰ
タロック・カード。Ⅱ
タロック・カード。Ⅲ
ウルリッヒ・モリトオルの書より
古典的なサバト
ドランクルの書より。ジアルンコ筆
悪魔と浮気女
両性神バフォメット。エリファス・レヴィの書より
ギブール師の黒ミサ
ヴァントラスの黒ミサ
犠牲神モロック
人間を馬にする魔法のランプ
動物之植物的類似
牛顔の男
占い棒の鉱脈発見
占星術士。ロバート・フラッドの書より
ノストラダムスの肖像。十九世紀
ノストラダムスの肖像。十八世紀
十二区分図(1)
十二区分図(2)
サラマンデル (火蜥蜴)
パラケルススの肖像。ヒルシュフォーゲル画
女妖術師。デューラー画
愛の呪いと憎悪の呪い
悪魔祓い
女妖術使の火刑
ヘロデ王の嬰児殺戮
錬金道士の実験室。H・クンラートの書より
錬金術のカマド
ソロモンの象徴。エリファス・レヴィの書より
降魔の術のサークル
呼び出された悪魔
異端糾問所の拷問
サウル王とサムエルの幽霊

昭和49年第4刷。
箱付き。帯付き。パラフィン。箱に経年ヤケあり。
状態:B

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

『黒魔術の手帖』 古本・古書 買取

『黒魔術の手帖』古本・古書 買取 強化実施中です。ご不要になられました『黒魔術の手帖』の買取はおまかせください。古本・古書買取事例lineで簡単査定のサービスもございますのでお気軽にお問い合わせください。古本・古書 買取は実績最多の哲学堂書店にお任せください。

学術書・哲学書の古書・古本 買取依頼ページはこちらから

2019/07/21日 新着情報

語源から哲学がわかる事典

山口 裕之 著
日本実業出版社

amazonから見る⇒語源から哲学がわかる事典
紀伊國屋書店から見る⇒語源から哲学がわかる事典

◆哲学が難解なのは哲学用語(翻訳漢語)の難しさにあります。理性・悟性・感性、存在・本質・実体・実在、主観・客観、表象・抽象、観念……。
これらのうち、たとえば定番の「理性」は英語ではどういう語を当てているかというと、「reason」という日本の中学1年レベルの英単語なのです。
これは英語のネイティブにとっては小学校低学年の日常語。「理由を付けて考える能力」という意味です。また、「理性」よりより難解に見える「悟性」は 「understanding」。
これまた「理解力」という意味の普通の言葉なのです。ちなみに、存在・本質・実体・実在は、英語ではそれぞれ、being、essence、substance、existenceとなる。

◆“脱亜入欧”の思潮のもと、明治の先人たちは“和魂洋才”(技術は学ぶが、精神を学ばない)にかまけていたのではなく、哲学のような魂、
精神についても必死で吸収しようとしていました。その結果として哲学の用語についても懸命に日本語(漢字)に翻訳しようとしていたのです。
哲学用語はその性質上、抽象概念を説明する語であり、漢語での翻訳とも相まっておそろしく難解な語となったという経緯があります。
その訳語には、仏教や儒教の考えを援用した部分もあったため、わたしたち日本語の話者・読者が日常では使わないような難解な漢字が当てられたこともあるでしょう。

◆本書では、この点に着目し、114の基本的な哲学用語の語源にさかのぼって、意味の推移、翻訳、文脈などを解説しています。
「用語」からスタートして、「概念(哲学の中身)」、さらに「哲学史」の三位一体で理解できる本邦初の哲学入門です。
本書で西洋哲学の全体像とそれが何を問おうとしたのかがつかめるようになっています。
また、一念発起、哲学書の原典(翻訳書)を手に取ってはみたが、まるでチンプンカンプン、いろいろな入門書を読んでみてもなかなか要領を得ないという読者にも、
初めて哲学書を読める・わかるきっかけとなるものを目指しています。哲学書を読む際の必携書となるように、巻末には解説付きの索引を設けました。(引用)

◆目次
序 章 この本にはどんなことが書いてあるか
第1章 哲学: Philosophy 知を愛さずにはいられない
第2章 認識: Knowledge 「人それぞれ」ではありません
第3章 存在論: Ontology 「~がある」と「~である」のせめぎあい
第4章 神学: Theology 哲学のご主人様は神様
第5章 認識論: Epistemology 「私」は神様
第6章 哲学する: Philosophize 「自分で考えることが大切」という意味ではない

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます