人間的秩序 法における個と普遍

定価:¥ 3,240 税込

¥ 2,160 税込

amazonで検索:人間的秩序 法における個と普遍

関連カテゴリ

  1. その他

人間的秩序
法における個と普遍
森際康友 桂木隆夫 編
木鐸社

第一部 自由の原理
1 死闘 田島正樹

権利の為の闘争
解釈の弁証論的対立
デイヴィドソンの翻訳理論
解釈学的転回の概略
死闘克服の可能性

2 自由社会における不確実性の意味について 桂木隆夫
問題の設定
経済学における不確実性の概念
法の領域における不確実性の概念
結論にかえて

3 公共性の哲学としてのリベラリズム
価値対立と公共性
アポリア
民主制
公共的価値としての正義
正義の基底性
価値世界の構造化
批判・応答・展開

4哲人王の秩序 プラトン哲学における観想と実践 森際康友
プラトンの哲人王論における観想と実践
プラトン哲学における理論と実践
ボリス・魂・ロゴス

第二部 実定法への視座 名和田是彦

5 ドイッ近代公法学の基本的性格に関する一試論
近代社会における「個と普遍」
はじめに
理論的予備考察 「法学的方法」の国家-市民関係論
第一類型ゲルバー、ラーバント
中間形態|オットー・ギールケと法的有機体説
第二類型|ゲオルグ・イェリネク...... (11)

契約の拘束力の基礎づけ 森村 進

等価説
三信頼説


私人の規範生成権能
信頼は必要でも十分でもない
救済方法
意思説
論拠
難点その一 無償契約
難点その二 後悔
公正の要請
アウトサイダーに対する正当化の限界


7 法と道徳の間
実体化主義
正当性・法・道徳
法と道徳の発生的構造化
二つの伝統的問題|結びに代えて

8「逆差別論争」と平等の概念 石山文彦

積極的措置の正当化の主要類型とその内在的問題点 第一の論点とその論争の概要
人種・性別の分類に固有の問題-第二の論点の存在
積極的措置と平等の理念
1 第二の論点と平等の理念
2 積極的措置等の正当性への影響
結語

1987年第1刷。
カバー経年ヤケあり。天・小口にシミあり。後方見開きページに傷みあり。
状態:C


失敗しない学術書・哲学書の買取なら、哲学堂書店

2018/06/19日 新着情報

寛容についての手紙

ジョン・ロック 著
加藤 節、李静和 訳
2018年6月16日 発売中
岩波文庫
岩波書店

寛容についての手紙

amazonで見る⇒寛容についての手紙 (岩波文庫)
amazonで見る⇒寛容についての手紙 (岩波文庫)

迫害,拷問,殺戮が,宗教の名によって横行した17世紀ヨーロッパ.信仰を異にする人びとへの「寛容」はなぜ護られるべきなのか? 本書は,この難問に対するロックの到達点.政治と宗教の役割を峻別し,人々の現世の利益を守るのは為政者の任務だが,魂の救済については宗教に委ねられる.後世に多大な影響を与えた「政教分離」の原典(引用)

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます