哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明

定価:¥ 2,592 税込

¥ 1,296 税込

哲学書 買取情報を今すぐ確認
学術書 買取情報を今すぐ確認
洋書 買取情報を今すぐ確認

関連カテゴリ

  1. 倫理学
数量

※クレジットカード決済 OK

※コンビニ決済 OK

哲学的倫理学叙説
道徳の“本性”の“自然”主義的解明
ギルバート ハーマン 著
大庭 健 宇佐美 公生 訳
産業図書

日本語版への序
序言
倫理学にまつわる問題

第1章 倫理学と観察
基本的な論点
観察
観察による証拠(Observational evidence)
倫理学と数学

第2章 ニヒリズムと自然主義
道徳的ニヒリズム
還元
倫理的自然主義:機能主義社
未決問題論法(The open question argument)
再定義的自然主義 (Redeinitional naturalism)
倫理学はなぜ蓋然的か

情動主義

第3章 穏健なニヒリズムとしての情動主義
情動主義:その基本的な考え方
情動主義と未決問題論法
情動主義の利点
倫理学における真理
道徳的推論
ヒュームの解決法
情動主義は瑣末な主張である


第4章 理想的観察者理論としての情動主義
理想的観察者の理論
道徳的相対主義と理想的観察者理論
情動主義 対 理想的観察者理論
循環の恐れ
道徳的原理と理想的観察者
一つの教訓

道徳法則

第5章 社会と超自我
道徳的諸規則
道徳的賞罰
道徳性は査定できるか?

第6章 理性の法則
道徳的な動機づけの源泉
なぜ他人を気づかうのか?
データとしての欲求
カントのテスト(試金石)
カントに対する反論

第7章 個々人の原理 (Personal principles)
個人的な道徳法則
R・M・ヘアの理論
ヘアに対する実存主義からの反論
理由と基本的原理

第8章 慣習と相対性
内在主義と外在主義(Internalism and externalism)
社会的慣習と道徳性
再び相対主義について
理由と慣習的規約 (Reasons and conventions)

第9章 慣習的規約
道徳的な慣習的規約
部外者に対する判断 (Judging outsiders)
道徳性の規約的側面
暗黙規約説とカントの理論。


第10章 理由 (Reasons)
論理と理由
正当な理由の分析(A good -reasons analysis)
応の「べし」
若干のもっと込み入った事態

第11章 理由づけの自然主義的理論
1理由と推論
証明ないし論証としての推論
推論のよりよい説明
理想的な推論者
道徳的事実

自己と他者

第12章 エゴイズム
利己-利害
利己主義的な幸福主義
一般的な異論
一般的な反論への答え
人は何を欲しているのか
自己利害的でない欲求は、いかにして発生しうるか
道徳的な理由は自己・利害によるのか


第13章 功利主義
功利主義的な理由
非功利主義的な直観の説明
功利主義は過大な要求をするか
通常の道徳的な区別についての功利主義による説明
理想としての功利主義

解 説
原著者紹介
訳者あとがき
事項索引
人名索引

昭和63年第1刷。天・小口・地にシミが強いです。
状態:C


失敗しない学術書・哲学書の買取なら、哲学堂書店

2018/07/16日 新着情報

学習科学ハンドブック 第二版 第1巻

R・K・ソーヤー 著
森 敏昭、秋田喜代美、大島 純、白水 始 監修 翻訳 他
北大路書房

学習科学ハンドブック 第二版 第1巻

amazonで見る⇒学習科学ハンドブック 第二版 第1巻
紀伊國屋書店で見る⇒学習科学ハンドブック 第二版 第1巻

「人はいかに学ぶのか」の科学的最新知見を包括的に提供する試み。学習を、個人を超えた相互作用の中で成立するものと捉え、知識の主体的習得及び他者との共有・協調による創造の営みとみなす学習科学。メタ認知、足場かけ、概念変化等の基本的概念を取り上げ、デザイン研究、協調の分析、教育データマイニングといった新しい方法論により、主体的・対話的で深い学びの成立条件を明確にする。

第1巻 基礎/方法論
第1章 イントロダクション:新しい学びの科学
教育の目標
専門家の知識の性質
学習に含まれるプロセス
教育テクノロジ
デザイン科学
学習科学という領域の始まり
結論
文献

PARTI 基礎
第2章 学習科学の基礎
イントロダクション
学習科学の原則とテーマ
デザイン科学としての学習科学
まとめ
文献

第3章 足場かけ
イントロダクション
足場かけの歴史的ルーツ
足場かけはどのように学習を支援するか?
足場かけはどのように学習課題を変えるのか?
足場かけはいかにして学習環境に埋め込まれうるか?
学習科学における足場かけを用いた挑戦
学習科学における足場かけ:今後の展望
文献

第4章 メタ認知
イントロダクション
メタとは何か?
1つめの分類:さまざまな形の知識に関するメタ認知
2つめの分類:思考としてのメタ認知の形態
学習におけるメタ認知の役割に関する実証研究
今後の展望
結論
文献

第5章 概念変化研究の歴史:その議論の筋道と断層線
イントロダクション
プレビュー
ピアジェ研究からの示唆
科学哲学と科学史の影響
誤概念
誤概念を越えて
教授
フロンティアを描き出す
文献

第6章 認知的徒弟制
イントロダクション
伝統的な徒弟制から認知的徒弟制へ
認知的徒弟制の枠組み
認知的徒弟制の研究テーマ
結論
文献

第7章 活動の中の学び
イントロダクション
システムレベルの活動と学習を分析するための枠組み
活動システムレベルの現象や概念を含む説明パターン
活動の中での概念の学習
結論
文献

PARTII 方法論
第8章 デザイン研究:変化をもたらす方法論的道具
イントロダクション
ステージを設定する
デザイン研究を定義する
変化をもたらすためにデザインを変化させる
結論と考察
文献

第9章 マイクロジェネティック法
イントロダクション
マイクロジェネティック法の概要
現代発達心理学におけるマイクロジェネティック法
学習科学にマイクロジェネティック法を適用する
マイクロジェネティック研究のバリエーション
学習科学からの典型例
マイクロジェネティック法が適するリサーチ・クエスチョン
まとめ
マイクロジェネティック法の利用への課題
結論
文献

第10章 協調の分析
イントロダクション
協調と学習を研究する4つの理由
結論
文献

第11章 学習科学におけるデジタルビデオ研究の最先端:研究領域を描く
イントロダクション
デジタルビデオ研究のための基盤的なリソース
映像研究・ビデオ研究のイノベーター
デジタルビデオ研究の方法とツール
教室や教師の学習に関するビデオ研究の知見
統制された環境および自然環境におけるビデオ研究の知見
学習科学におけるデジタルビデオの可能性
文献

第12章 教育におけるアセスメントの設計と利用についての学習科学的視点
イントロダクション
概念的枠組み
アセスメントの設計と測定に対するインプリケーション
バランスのとれたアセスメントシステム
最終考察:学習科学研究におけるアセスメントの役割
文献

第13章 教育データマイニングとラーニング・アナリティクス
イントロダクション
アナリティクスの出現
研究コミュニティの発展
鍵となる方法とツール
学習科学へのインパクト
実践へのインパクト
EDM/LAと学習科学:未来に向けて
文献

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます