哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明

定価:¥ 2,592 税込

¥ 1,296 税込

amazonで検索:哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明

関連カテゴリ

  1. 倫理学
数量

哲学的倫理学叙説
道徳の“本性”の“自然”主義的解明
ギルバート ハーマン 著
大庭 健 宇佐美 公生 訳
産業図書

日本語版への序
序言
倫理学にまつわる問題

第1章 倫理学と観察
基本的な論点
観察
観察による証拠(Observational evidence)
倫理学と数学

第2章 ニヒリズムと自然主義
道徳的ニヒリズム
還元
倫理的自然主義:機能主義社
未決問題論法(The open question argument)
再定義的自然主義 (Redeinitional naturalism)
倫理学はなぜ蓋然的か

情動主義

第3章 穏健なニヒリズムとしての情動主義
情動主義:その基本的な考え方
情動主義と未決問題論法
情動主義の利点
倫理学における真理
道徳的推論
ヒュームの解決法
情動主義は瑣末な主張である


第4章 理想的観察者理論としての情動主義
理想的観察者の理論
道徳的相対主義と理想的観察者理論
情動主義 対 理想的観察者理論
循環の恐れ
道徳的原理と理想的観察者
一つの教訓

道徳法則

第5章 社会と超自我
道徳的諸規則
道徳的賞罰
道徳性は査定できるか?

第6章 理性の法則
道徳的な動機づけの源泉
なぜ他人を気づかうのか?
データとしての欲求
カントのテスト(試金石)
カントに対する反論

第7章 個々人の原理 (Personal principles)
個人的な道徳法則
R・M・ヘアの理論
ヘアに対する実存主義からの反論
理由と基本的原理

第8章 慣習と相対性
内在主義と外在主義(Internalism and externalism)
社会的慣習と道徳性
再び相対主義について
理由と慣習的規約 (Reasons and conventions)

第9章 慣習的規約
道徳的な慣習的規約
部外者に対する判断 (Judging outsiders)
道徳性の規約的側面
暗黙規約説とカントの理論。


第10章 理由 (Reasons)
論理と理由
正当な理由の分析(A good -reasons analysis)
応の「べし」
若干のもっと込み入った事態

第11章 理由づけの自然主義的理論
1理由と推論
証明ないし論証としての推論
推論のよりよい説明
理想的な推論者
道徳的事実

自己と他者

第12章 エゴイズム
利己-利害
利己主義的な幸福主義
一般的な異論
一般的な反論への答え
人は何を欲しているのか
自己利害的でない欲求は、いかにして発生しうるか
道徳的な理由は自己・利害によるのか


第13章 功利主義
功利主義的な理由
非功利主義的な直観の説明
功利主義は過大な要求をするか
通常の道徳的な区別についての功利主義による説明
理想としての功利主義

解 説
原著者紹介
訳者あとがき
事項索引
人名索引

昭和63年第1刷。天・小口・地にシミが強いです。
状態:C


失敗しない学術書・哲学書の売却・買取は哲学堂書店がおすすめです。

2018/05/25日 新着情報

はざまの哲学

野家啓一 著
2018年5月25日 発売中
青土社

はざまの哲学

amazonで見る⇒はざまの哲学
紀伊國屋書店で見る⇒はざまの哲学

どちらでもあり、どちらでもない、哲学的思索のラディカリズム。
未知と既知、科学と哲学、事実と虚構、記憶と忘却。
背反するどちらか一方に定位するのではなく、その〈はざま〉で紡がれた思索が、わたしたちの日常に深く根ざした「真理」や「常識」に揺さぶりをかける。
科学哲学、分析哲学、現象学、物語り論の境界線上に、しなやかな文体で刻まれた、哲学的探究の軌跡。

Ⅰ未知と既知のはざま―哲学のために
1哲学とは何か―科学と哲学のはざまで
未知と既知のあいだ
自然哲学から自然科学へ
自然主義と心脳因果
コスモロジーの復権
おわりに

2哲学のアイデンティティ・クライシス
哲学は何の役に立つのか?
「有用性」とスローサイエンス
哲学無用論(Ⅰ)―自然主義の挑戦
哲学無用論(Ⅱ)―ローティの「哲学の終焉」論
哲学に何ができるか

Ⅱ科学と哲学のはざま―科学哲学
3「真理」の構成的側面―プラトニズムとニヒリズムのはざまで
等身大の真理を求めて
言語行為論
パラダイム論
直観主義
「人間の顔」をした真理

4マッハ科学論の現代的位相―実証主義と反実証主義のはざまで
マッハ評価の推移
マッハと世紀末思想
「実証主義」への反逆
『感覚の分析』と現象学
「物理学的現象学」の構想

5科学と形而上学のはざまで―ホワイトヘッド『科学の近代世界』再読
精密さはつくりもの
ホワイトヘッドの科学革命論
科学と形而上学
物語り論と因果性

Ⅲ言語と哲学のはざま―現象学と分析哲学
6フッサール現象学と理性の臨界
最後のデカルト主義者
理性の不安
「乏しき時代」の哲学者
身体・地平・大地
「故郷世界」としてのヨーロッパ
遺産相続人たち

7言語の限界と理性の限界――分析哲学からポスト分析哲学へ
理性批判と理性の危機
言語批判と言語の限界
ポスト分析哲学への道

8「分析哲学」私論―親和と違和のはざまで
居心地の悪さ
分析哲学=科学哲学?
分析哲学vs. 大陸哲学
ポスト分析哲学
私にとっての分析哲学

Ⅳ科学と社会のはざま―科学技術社会論
9「情報内存在」としての人間―知識と情報のはざまで
情報の「意味」と「価値」
情報の語用論
情報の人間学

10科学技術との共生―技術主義と精神主義のはざまで
科学・技術・科学技術
科学者のエートス―CUDOSとPLACE
科学技術とリスク社会
科学的合理性と社会的合理性
科学技術のシヴィリアン・コントロール

Ⅴ記憶と忘却のはざま―東北の地から
11東北の地から―震災と復興のはざまで
哲学に何ができるか
災害ユートピア
風土と「殺風景」
宮沢賢治と物語の力
信頼の危機
トランス・サイエンスの時代
「リスク社会」を生きる
受益圏と受苦圏
世代間倫理と「七世代の掟」
「CUDOS」から「RISK」へ

12「今を生きる」ということ―記憶と忘却のはざまで
良寛の言葉
物語の力
トランス・サイエンスの時代
未来世代への責任

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます