哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明

定価:¥ 2,592 税込

¥ 1,296 税込

amazonで検索:哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明

関連カテゴリ

  1. 倫理学

哲学的倫理学叙説
道徳の“本性”の“自然”主義的解明
ギルバート ハーマン 著
大庭 健 宇佐美 公生 訳
産業図書

日本語版への序
序言
倫理学にまつわる問題

第1章 倫理学と観察
基本的な論点
観察
観察による証拠(Observational evidence)
倫理学と数学

第2章 ニヒリズムと自然主義
道徳的ニヒリズム
還元
倫理的自然主義:機能主義社
未決問題論法(The open question argument)
再定義的自然主義 (Redeinitional naturalism)
倫理学はなぜ蓋然的か

情動主義

第3章 穏健なニヒリズムとしての情動主義
情動主義:その基本的な考え方
情動主義と未決問題論法
情動主義の利点
倫理学における真理
道徳的推論
ヒュームの解決法
情動主義は瑣末な主張である


第4章 理想的観察者理論としての情動主義
理想的観察者の理論
道徳的相対主義と理想的観察者理論
情動主義 対 理想的観察者理論
循環の恐れ
道徳的原理と理想的観察者
一つの教訓

道徳法則

第5章 社会と超自我
道徳的諸規則
道徳的賞罰
道徳性は査定できるか?

第6章 理性の法則
道徳的な動機づけの源泉
なぜ他人を気づかうのか?
データとしての欲求
カントのテスト(試金石)
カントに対する反論

第7章 個々人の原理 (Personal principles)
個人的な道徳法則
R・M・ヘアの理論
ヘアに対する実存主義からの反論
理由と基本的原理

第8章 慣習と相対性
内在主義と外在主義(Internalism and externalism)
社会的慣習と道徳性
再び相対主義について
理由と慣習的規約 (Reasons and conventions)

第9章 慣習的規約
道徳的な慣習的規約
部外者に対する判断 (Judging outsiders)
道徳性の規約的側面
暗黙規約説とカントの理論。


第10章 理由 (Reasons)
論理と理由
正当な理由の分析(A good -reasons analysis)
応の「べし」
若干のもっと込み入った事態

第11章 理由づけの自然主義的理論
1理由と推論
証明ないし論証としての推論
推論のよりよい説明
理想的な推論者
道徳的事実

自己と他者

第12章 エゴイズム
利己-利害
利己主義的な幸福主義
一般的な異論
一般的な反論への答え
人は何を欲しているのか
自己利害的でない欲求は、いかにして発生しうるか
道徳的な理由は自己・利害によるのか


第13章 功利主義
功利主義的な理由
非功利主義的な直観の説明
功利主義は過大な要求をするか
通常の道徳的な区別についての功利主義による説明
理想としての功利主義

解 説
原著者紹介
訳者あとがき
事項索引
人名索引

昭和63年第1刷。天・小口・地にシミが強いです。
状態:C

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

『哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明』 古本・古書 買取

『哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明』古本・古書 買取 強化実施中です。ご不要になられました『哲学的倫理学叙説 道徳の“本性”の“自然”主義的解明』の買取はおまかせください。古本・古書買取事例lineで簡単査定のサービスもございますのでお気軽にお問い合わせください。古本・古書 買取は実績最多の哲学堂書店にお任せください。

学術書・哲学書の古書・古本 買取依頼ページはこちらから

2019/07/21日 新着情報

語源から哲学がわかる事典

山口 裕之 著
日本実業出版社

amazonから見る⇒語源から哲学がわかる事典
紀伊國屋書店から見る⇒語源から哲学がわかる事典

◆哲学が難解なのは哲学用語(翻訳漢語)の難しさにあります。理性・悟性・感性、存在・本質・実体・実在、主観・客観、表象・抽象、観念……。
これらのうち、たとえば定番の「理性」は英語ではどういう語を当てているかというと、「reason」という日本の中学1年レベルの英単語なのです。
これは英語のネイティブにとっては小学校低学年の日常語。「理由を付けて考える能力」という意味です。また、「理性」よりより難解に見える「悟性」は 「understanding」。
これまた「理解力」という意味の普通の言葉なのです。ちなみに、存在・本質・実体・実在は、英語ではそれぞれ、being、essence、substance、existenceとなる。

◆“脱亜入欧”の思潮のもと、明治の先人たちは“和魂洋才”(技術は学ぶが、精神を学ばない)にかまけていたのではなく、哲学のような魂、
精神についても必死で吸収しようとしていました。その結果として哲学の用語についても懸命に日本語(漢字)に翻訳しようとしていたのです。
哲学用語はその性質上、抽象概念を説明する語であり、漢語での翻訳とも相まっておそろしく難解な語となったという経緯があります。
その訳語には、仏教や儒教の考えを援用した部分もあったため、わたしたち日本語の話者・読者が日常では使わないような難解な漢字が当てられたこともあるでしょう。

◆本書では、この点に着目し、114の基本的な哲学用語の語源にさかのぼって、意味の推移、翻訳、文脈などを解説しています。
「用語」からスタートして、「概念(哲学の中身)」、さらに「哲学史」の三位一体で理解できる本邦初の哲学入門です。
本書で西洋哲学の全体像とそれが何を問おうとしたのかがつかめるようになっています。
また、一念発起、哲学書の原典(翻訳書)を手に取ってはみたが、まるでチンプンカンプン、いろいろな入門書を読んでみてもなかなか要領を得ないという読者にも、
初めて哲学書を読める・わかるきっかけとなるものを目指しています。哲学書を読む際の必携書となるように、巻末には解説付きの索引を設けました。(引用)

◆目次
序 章 この本にはどんなことが書いてあるか
第1章 哲学: Philosophy 知を愛さずにはいられない
第2章 認識: Knowledge 「人それぞれ」ではありません
第3章 存在論: Ontology 「~がある」と「~である」のせめぎあい
第4章 神学: Theology 哲学のご主人様は神様
第5章 認識論: Epistemology 「私」は神様
第6章 哲学する: Philosophize 「自分で考えることが大切」という意味ではない

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます