二十世紀数学思想

定価:¥ 4,104 税込

¥ 1,080 税込

哲学書 買取情報を今すぐ確認
学術書 買取情報を今すぐ確認
洋書 買取情報を今すぐ確認

関連カテゴリ

  1. その他
在庫数 残り  1 点

数量

※クレジットカード決済 OK

※コンビニ決済 OK

二十世紀数学思想
佐々木 力 著
みすず書房

序文
序論 思想としての二十世紀数学
二十世紀数学の歴史はいかにして可能か
存在論革命から構造論革命へ
公理論的数学の認識論的理解
ゲーデルの数学史的意義
数学の専門職業化
認識論から社会史へ
近代西欧数学の国際化
ソヴェト数学の興隆と衰退
ア メリカ数学の軍事化とコンピューター・メディアによる数学様式の転換

第一章 数学基礎論論争
第一節 一九三〇年秋のケーニヒスベルク会議
第二節 数学基礎論論争の構図
論争の出発点としての二つのプラトニズム-古典的集合論と論理主義的客観主義
構成主義的オールターナティヴ-直観主義の思想的前提
ヒルベルト的総合-記号ゲームとしての数学
論争の哲学的次元-中世の「普遍論争」とのアナロジー
第三節 数学基礎論の岐路―論争の帰趨
「ロジック」としての数学基礎論の成立
数学的多元主義の定着-現代数学思想のウィトゲンシュタイン的鳥瞰図

第二章ヘルマン・ワイルの数学思想
第一節 なぜヘルマン・ワイルなのか?
第二節 ゲッティンゲンの数学的学統の中のワイル
第三節 ワイルにとっての数学の基礎
第四節 ワイルと現代の数学的物理学-数学の影の中の相対性理論と量子力学

第三章 ジョン・フォン・ノイマン-数学者と社会的モラル
第一節 「数学者」-純粋数学から応用数学へ
第二節 フォン・ノイマンの数学的略歴
第三節 軍事科学を介しての戦争とのかかわり
 -「言語ゲーム」としての数学から「パワー・ゲーム」としての数学へ
第二次世界大戦から冷戦へ
軍事史の中の「軍-産-学複合体」の成立
第四節 フォン・ノイマンと社会的モラル
フォン・ノイマンは「徳育」か?
「猛烈な反共産主義者」としてのフォン・ノイマン
数学者フォン・ノイマン

2001年第1刷。良好です。
状態:A

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

『二十世紀数学思想』 古本・古書 買取

『二十世紀数学思想』古本・古書 買取 強化実施中です。ご不要になられました『二十世紀数学思想』の買取はおまかせください。古本・古書買取事例lineで簡単査定のサービスもございますのでお気軽にお問い合わせください。古本・古書 買取は実績最多の哲学堂書店にお任せください。

学術書・哲学書の古書・古本 買取依頼ページはこちらから

2019/02/18日 新着情報

クリエイティブ・ラーニング

創造社会の学びと教育
井庭 崇、鈴木 寛、岩瀬 直樹、今井 むつみ、市川 力 著
2019年2月23日 発売
慶應義塾大学出版会

amazonで見る⇒クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育
紀伊國屋書店で見る⇒クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育

クリエイティブ・ラーニング(創造的な学び)は、「つくることで学ぶ」という新しい学びのスタイルである。「自ら知識を構成する」学習観は、「アクティブ・ラーニング」や「プロジェクト型学習」「探究学習」のように、学び手自身による活動がベースとなるが、クリエイティブ・ラーニングは、何かを「つくる」ことをより一層重視する。そして、これからの学校は、創造的に学ぶための「つくる」経験を積む場となり、教師は、生徒が「つくる」ことを支援するだけでなく、一緒に問題に挑戦し、一緒につくることに取り組む仲間、「ジェネレーター」となる。(引用)

目次
プロローグ
序 章 構成主義の学びと創造――クリエイティブ・ラーニング入門
付録 クリエイティブ・ラーニングを支援するパターン・ランゲージ
第1章 これからの時代に求められる教育
第2章 自ら学ぶ学級をつくる
第3章 認知科学から見た学びと創造性
第4章 創造的な学びをつくる
エピローグ
文献案内

5,000以上の購入で配送料無料
一部地域は除きます